紙の良さ!

皆さんこんにちは!
製造部の横田です!

現在はスマートフォンやタブレットを持つのが当たり前の時代になり
私たちの生活にインターネットは深く浸透し、昔とは比べ物にならない程度に便利で
身軽になってきました。
最近は新聞の折り込みチラシもめっきり少なくなりました。

しかし増えていくものがあれば減っていくものもあるわけで、
紙もその一つです

だからといって、世界から紙が無くなってしまった!

とはなっていません。

それでもほとんどの人が、何かしら紙を持っているか、もしくは目に付く所に紙があります。

それは家の中であれば、カレンダーや新聞、子供さんの学校の教科書やプリント、お薬の入った袋だったり、と特に家の中は紙があふれていると思います。

新聞やチラシ、カタログなどまだまだ紙媒体を実際に手に持ってみた方が伝わりやすい物もあります。

重要な書類や長期間保管する記録や本などデータだけで残しておくと
消えてしまう事があるため、紙にして残した方が良い物もあります。

紙の良いところは

紙の手触り、質感、匂い、手に持った時の重量感など。

自分は、紙を五感で感じる事が好きです。

417a3ddc820c6bdb618b97733322d44e_s

時間とともに変化していく紙の風合いや匂い。

所々、破れているけれども大事にしてきたのが目で、感触で、伝わってくる質感。

紙はやっぱり素敵です。

わが社でも紙の良さを伝えていく為に紙に付加価値を付けて行きます。

例えば
今まで使ったことない特殊紙を使用しての印刷を行い商品を作ってみたり、一手間加えた商品など、色々と考えることが出来ます。

触れた人の触感に訴える印刷物、紙にしか出すことができない高紙感、立体物など、アナログの良さを生かした商品をご提供させて頂けたらと思います。

時短ツールでプチICT

こんにちは。制作部の水谷です。

ここ数年でICTに関心を寄せている、あるいは既に導入している企業も多いようです。
ITはコンピュータやインターネットなどの技術そのものを指すことに対して、ICTはよりコミュニケーションに特化した情報技術の活用方法です。

例えば自分の場合、ブラウザアプリを利用して議事録を作成してみました。
ひとつのファイルに複数人で同時編集できるので、記録担当の自分が書き漏らしたり、記述が追いつかないときは発言者本人にフォローしてもらいました。
また会議終了後も議事録ファイルを共有して、まとめるときもタイムリーに記録の不備を修正できました。
おかげで議事録作成から提出までの時間が大幅に短縮されました。

たとえ会議中に記録していても、一人で作成しようとすると何時間も費やしてしまうことはありませんか。
こうしたツールをみんなが使いこなしていければ、会議終了後には議事録が完成していることも可能になります。
また議事録以外でも、発表や会議資料ツールには豊富なテンプレートが用意されていて、体裁に頭を悩ます時間が大幅に減りました。
デバイス依存ではないので、必ずしもデスクトップで作業する必要はありません。
すきま時間に手元の端末で作業したり進捗を確認したりすることができます。

個人レベルの時短ツールとしても大いに役立ちますが、全社的な導入でより大きな作業の効率化が見込めます。
多くの企業でICTの導入が推し進められているなかで、弊社からもご提案できることがあればお客様の業務改善にもお役に立てるのでは、と考えています。
導入初期には逆に手間がかかりそうなイメージですが、使い始めてしまえば楽になるので皆さんにもお勧めです。
4月から新部署であるITマーケティング部にも兼任することになったので、ITツールはどんどん使いこなせるように頑張ります!
なんでも質問してくださいね。

新たな仲間と、新年度が始まりました。

皆さんこんにちは。
平野です。

4月1日に入社式をとり行いました。

今年は新卒の新入社員が一名入社しました。

営業部の佐藤豪契です。
今週の初めから、一生懸命働いております。

私が新卒で入社してから、もう5年経つなと思いつつ、自分が入社した当時のことを思い出します。

自分がこれまで学んだことを次の世代につないでいき、会社の永続につながる流れを作っていきたいなと思います。

佐藤は名古屋情報メディア専門学校 CG・WEB学科卒ということで、培って来た知識と、その若さを活かして弊社の仕事の領域をさらに広げていく活躍を期待しております。

式の後には懇親会もあり、社員みんなで楽しく過ごすことができました。

新入社員も入り、社内の雰囲気も変わりました。

私自身も後輩の前で、恥ずかしいところは見せられないので、気持ちを切り替えて、先輩として仕事をしていきたいです。

「平成」が終わり年号も「令和」に変わることですし、富士凸版印刷も新たなスタートの一年のとしていきます。

年度末の振り返りには指針手帳が役立ちます!

みなさんこんにちは、営業部の神谷です。
花粉のピークで毎日ティッシュが手放せません。

さて、一年が過ぎるのはあっというまで、もうすぐ新しい年度が始まりますね。
春は出会いの季節!
ということで、富士凸版印刷にも4月から新入社員が1名入社予定です。
営業部の後輩ができるのは初めてなので、気の引き締まる思いなのですが、そういえば自分は去年からどう成長できたかなと、ここ最近は改めて自分の今期の行動計画や目標を一から振り返る機会が増えました。
そんな時に役に立つのが、指針手帳です。

富士凸版印刷の指針手帳は、会社の指針と一緒に社員一人ひとり個人の目標と計画を掲載しているため、自分のページを確認しながら、月ごとに自身の振り返りを行うことができるようになっています。

今期のものだけでなく、過去の手帳を見てみると自分のできるようになった事がどれだけ増えたか、昔の自分がどんなことに苦戦していたのかが分かり、懐かしく感じると同時に原点に立ち返ることで、今の悩みを解決する糸口を見つけられたりします。

なにより、やはり紙媒体として手元にあってすぐに確認できることは、常に指針や目標を意識することに繋がりますし、会社全体で共通の認識を持つことができ、社員全員が同じ方向性を持って仕事に取り組むことができます!

営業として、お客様の指針手帳を作成するお手伝いをさせて頂く事もあります。
その際には、手帳に込めた経営者の方から社員さんへ向けた想いをお伺いし、
その想いが分かりやすく伝わるような紙面を一緒に考え作成させて頂きます。
(ビジョンイメージをイラスト化させて頂く事もありました!)
導入された初年度はなかなか浸透しない……、という場合もありますが、
それを改善するため、次年度からさらに内容の精査を行い、より良い手帳を作れるよう取り組んでいきます。
どのお客様の指針手帳も、会社の未来や社員の皆様の幸せを想う気持ちが詰め込まれていることを、毎年手帳制作に携わらせて頂く事で感じる事ができます。

私も来年度からは6年目の、もう中堅社員です。
今まで以上に、明確な目標や行動計画をもとに仕事へ取り組んでいくうえで、
指針手帳と一緒に『振り返り』を大切にしていきたいです。

経営理念から始まる自社の手帳にも、社長の想いが込められているんだな……、 と考えると、大切に使わないと!と思いますね。

 

ニシオカベースボール様の衣替えをしてきました!

みなさん、こんにちは! 営業部の浅井洵です。

今回ご紹介致しますのは、お客様の会社やお店のお顔となります大切な看板についてです。

先日お邪魔させて頂いた事例を紹介したいと思います。
若者の間で大人気、プレイヤー目線で常に新しい野球用品を開発している企業、ニシオカベースボール企画様です。
今回は看板右側のロゴマークをリニューアルさせて頂いた時のお話です。

みなさんは、看板を作る時に印刷と大きく関わるという事をご存知でしょうか?まず、看板を作るに当り、どんな素材が良いのか。

どんなデザインにすればいいか?悩んだりしませんか!?

雨風に当たっても強度が保てる事や紫外線に当たっても色落ちせずに長く維持できるものと様々あります。
それらを色々と考え工夫しながら、現状調査を行い、どういった素材が良いのかを考え制作していきます。

出来上がった製品をお客様先にて取り付け施工をさせて頂きます。この時が一番繊細さを要する作業になります。

小さな気泡が入らないように、上から下に向かい綺麗に気泡を抜きながら細心の注意を払い作業をするのは至難の業です。

お客様の御顔となる看板は来客されたお客様や近くを通る方々に一番初めに目に入る重要な役割がありますのでシワや汚れが付かないように最終仕上げを行います。

全てを貼り終えたら最後の仕上げでドライヤーで熱風を当てながら乾燥させて完成させていけば、右側ロゴマークのリニューアル完成です。

今回ご紹介させて頂いた、ニシオカベースボール企画様ではカタログやパンフレットのみならず、看板やステッカーシールなど、トータルで製作させて頂いております。

 

「しつけ」って何だろう?

こんにちは。制作部の藤本です。

育休から復帰して半年が経ちました。

2330gと小さく生まれた娘も、1歳半でとうとう10kgに!

ちゃんと育ってよかったという嬉しさもありますが、現実の腰痛・膝痛の恐怖も増してきました。

そして走って逃げ回るようになったので、母親としてはさらなる体力を要求されつつあります。

毎朝、水で消せるクレヨンと普通の鉛筆で、自由奔放に描いています。

まだ形状を書くことはできないのですが、筆圧が徐々に強くなったり、色がわかるようになったり、昨日できなかったことが今日できたりするので(危ないことも)、興味深く観察しています。

「出して、しまう、また出す」を何度も何度も繰り返したり、公園の滑り台をもう1回、もう1回、と呆れるほど付き合わされています。

繰り返す事で少しづつですが出来る事が増え、「達成感を重ねさせる」が子育てのキモなのだと思って、体力と時間が許す限り付き合おうと思っています。

 

目下の課題は「しつけ」です。

娘はまだ言葉ではちゃんとした表現ができないので、失敗したり、やりたい事ができないと持っているものを投げたりします。

家ではイスや棚に登りたがり、そして落ちて泣きます。

顔もぶつし、髪も引っ張るし、飲んでる麦茶を着替えたばかりの洋服などにブーっと吐きます。

「ダメでしょ!」と怒って、理由を説明して終わる時もあり、また繰り返したり・・。

こちらのコンディションは関係なしなので、キツイ!どうしたらいいか分からない!誰か助けて!となる時もありました。

(最近はしっかり怒るとその場では繰り返さなくなってきました。)

「しつけ」と「おとなしくして欲しい親の都合」が混在してしまう時もあります。

お行儀よく大人の言う事を聞く(顔色を伺う)いい子を別に望んでいないはずが、時間がない時にやって欲しくない事をされると、私がイライラして態度が荒っぽくなったり。

娘の不安そうな顔を見てハッとしたりしてしまいます。

本当に危ない事と人に危害を加える事以外は、程よい距離感を持って接していけたらと考えているのに・・・。

親の態度や姿勢が問われるという責任!(汗)

ヘロヘロになって娘を保育園に迎えに行くと、0歳クラスの子たちが「ママ来た!」とテンションMAXで駆け寄ってきます。幸せな光景だなと感じます。

今の関係でいられる時間はきっとそんなに長くはない、貴重な時間。

これからも試行錯誤を繰り返しながら、娘の成長と自立をサポートしていきたいと思います。

食べるシルク!?

みなさん、こんにちは!制作部の三島です。

今回は弊社の別の顔、シルク事業部についてご紹介したいと思います。
シルク事業部では、シルクを主原料としたオリジナル化粧品やシャンプーなどのボディケア商品などを取り扱っています。
中でも今回ご紹介したいのが、食べるシルク「フィブロダーマ シルク インナービューティー」。
原材料はシルク100%で、シルクから生成されたアミノ酸パウダーです。


お料理に入れると、味に深みが出てとてもおいしくなります。
アミノ酸といえば「味の素」を思い出す方もいらっしゃるかとおもいますが、シルクパウダーは完全オーガニックなので、味の素よりまろやかでおいしく、天然のコクと甘みがあります。何より体にいい!
シルクパウダーは18種類のシルクアミノ酸でできていて、食事から摂取する必要のある必須アミノ酸を9種類を含んでいるので、健康をサポートしてくれるのです。

お味噌汁や煮物に入れたり、スープに入れたり、炒め物に入れたり・・・和食、洋食どちらにも良く合います。
私のおすすめは、スクランブルエッグ!
塩・こしょうだけのスクランブルエッグより、だんぜんおいしくなります!

興味を持たれた方は、ぜひ!試してみてください!

シルク事業のメインの商品、シルク化粧品も挑戦中です。
お肌にツヤが出て、キメが整ってきたような気がします。化粧品については、またの機会にご紹介したいと思います!

肩こりに効果あり?!

こんにちは、デザイナーの酒井です。
皆さんはよく肩が凝るほうでしょうか?

私の仕事は主にmacに向かい、デザイン制作の毎日です。
デスクワークが多い皆さんと同じく、慢性の肩こりや運動不足が常態で、何とかしたいと思っていた時、「トランポリン」に出会いました。

トランポリンは、運動オンチの私でも続けられるほど楽しく、でもキレイに技を身につけるのは難しく、だからこそ面白く、自分でも意外なほど長く続けています。

 

少し前になりますが、熊本から福岡へ行ってきました。

熊本へは、所属しているトランポリンサークルの
スポレク全国大会で、愛知県代表チームとしての参加です。

主催の熊本トランポリン協会の皆さんには、心のこもった大会運営や
レセプションの企画で盛り上げていただき、スポーツとしてはまだまだ競技人口が少ないトランポリンの普及に尽力されている様子に頼もしく感じました。

 

トランポリンはオリンピック種目にもなっており、競技選手のトランポリンは、回転やひねり技の超絶体技で凄いものですが、社会人スポーツとしてのトランポリンは、各自のレベルに合った技を身につけたり、それを使った対戦型の試合を楽しみます。

 

社会人は会社で過ごす時間、仕事に向かう時間がとても多く、ともすれば休みの日でも業務に関する勉強をしたり、スキルを磨くための研鑽をしたりと、シゴト以外の時間がとても少ない人も多いと思います。

そんな中で、シゴトとはまったく異なるところで、年齢も職業もバラバラの人たちと話をしたり身体を動かしたりして過ごす時間や、時には遠い地域での大会に参加することは、気分的にも身体的にもとてもリフレッシュできます。

異業種交流などもありますが、意図的にシゴトから遠い分野のコトに参加してみると、知らなかった世界が意外にも自分にぴったりとくるかもしれないですよね。

もちろん、トランポリンに興味を持たれた方は、ぜひ体験してみてください。
初回無料で、必要なのは靴下だけ! お気軽に!

 

ありがとうハガキに想いをのせて

 

皆さん、こんにちは! 製造部・浅井直也です。

まだまだ寒い日が続きますね。春までもう一歩、体調には充分注意してください。

弊社では、ありがとうを伝えるツールとして、色々なデザインのありがとうハガキを作っています。

ちょうどこれが、先日印刷した「ありがとうハガキ」です。

印刷後の状態です。(1枚の紙に2種類のありがとうカードが印刷されています。) これを断裁機でハガキサイズに断裁します。

このありがとうハガキの活用法は、お客様に送ったり、職場の仲間や家族に渡したりして使っています。 感謝の気持ちが伝わって喜んでもらえます。

昨年の期末にに社長から頂いたハガキです。やはり手書きだと心がこもっていて、より多くの気持ちが伝わってとても嬉しかったです。渡した側も、もらった側も、温かい気持ちになりますね。

当たり前に過ごしている中に沢山の「ありがとう」が隠れています。

この機会に皆さんも1度周りをゆっくり見渡してみはいかがでしょうか?

そして、見つけた「ありがとう」をカタチにすれば普段なかなか素直に言えないありがとうも伝えやすいと思います。

ちょっと恥ずかしいですが、自分もいつも助けてもらっている弟にありがとうハガキを書いてみました。 こういった機会でもないと、なかなか伝えられないですからね・・・。

コミュニケーションツールにもなり、社内の活性化にも繋がるありがとうハガキを活用してみませんか?

興味があればぜひ弊社までお問い合わせ下さい!!

五島列島の天然クエを味わう会

こんにちは、制作部の松浦です。

2月3日、弊社のお客様である株式会社北白川書房様が主催の
「とうかい食べあるきの会」に行ってまいりました!

本会は、おいしいものの食べあるきを通して、
毎日をよりエンジョイしようという皆様の集いです。
普段は写真で拝見している豪華なお料理の数々を
実際に食べられる、大変貴重な機会です。

今回の食べあるきの会は、
魚しゃぶと日本料理のお店「濱の季」さんにて行われました。
お店は名古屋駅から徒歩3分、柳橋市場入口の第二丸中ビル2・3階にあります。

通常は夜営業・日曜休業ですが、
今回は特別に日曜日の昼席を設けていただきました。



以下、当日のコース内容とその中から抜粋したお料理をご紹介します。

食べあるきの会のためだけに用意していただいた特別コースです!

まずは、旬の食材を活かした前菜「季節の12豆皿膳」。
節分に因んで、いわしや豆も取り入れていました。

続いて、クエのお造り。
噛むごとにクエの弾力とうま味が口内に広がります。

その後にクエの柚庵焼きをいただき、本命のクエ鍋。
鍋はお店の方が調理し、食べ頃に取り分けてくださりました。
具材はもちろんのこと、具材の持つうま味が溶け出したおだしも絶品!

鍋の後に〆の雑炊をいただき、
デザートの苺と杏仁豆腐でコースを締めくくりました。


会の雰囲気は終始和やかで、初参加でもゆったりと過ごせました。

同時に、食べあるきの会が長年にわたって続いているのは、
美味しいものを食べたいという一心で参加なさる皆様と、
美味しいものを提供するため努力を重ねておられるスタッフの皆様と、
食べあるきの会に惜しみなく協力なさるお店の皆様のお陰であり、
その皆々様の間に揺るぎない信頼関係があるからこそと実感しています。

会の内容は「とうかい食べあるき」の冊子でいつも見ていますが、
実際の会場に行って味わう雰囲気は格別でした。
何よりも、自分が普段携わっているお仕事が
多くの方々の喜びに貢献しているという実感を得られて
大変嬉しく思います。

改めまして、会への参加を快く承諾してくださった
北白川書房様には感謝の気持ちでいっぱいです!