家族史制作サービス始めました。

秋の気温の移り変わりを「ひと雨一度」と云うことをご存知ですか?
これは雨が降るごとに気温が1度くらい低くなるという意味だそうです。

一雨ごとに寒くなると思いきや、朝晩は肌寒くなってきましたが、日中はまだまだ暑いですね。

営業部の水野(扶)です。

私も入社して半年が経ちました。

季節も春から秋になり、入社早々に課せられたミッションの新規事業がようやくスタートを切る運びとなりました。

弊社の経営理念でもある「想いをカタチに」できる【家族史制作事業】です。

 

 

皆さん、両親や祖父母の人生って、知っているようでよく知らないことって多くないですか?

私は、祖母は生粋の名古屋人だと思っていました。
父に聞くと大阪だよと、、、
でも祖母に聞くと東京出身だと、、、(ボケているわけではありません。)

親戚が集まると、祖父は、『自身の姉の嫁ぎ先に養子に入った』ということになっていたり、
『いや違う!おじさんのところに養子に入ったんじゃない??』と、、、
みんな言っていることが違っているということも(笑)

耳にタコができるほど聞かされた戦争の話や、戦後の混乱期に幼子を抱えてどうやって生きのびてきたのか。
覚えているようで覚えていないことも沢山あります。

父や母が就職した会社や結婚した時期などは知っていても、そのきっかけはなんだったのか、その時なにを考え、どう思ってそうしたのかなんて聞く機会ってなかなかないですよね。
自分が生まれた時に父は絶対に男の子!と言っていたらしいですが、私が生まれてきてどう思ったのかな?なんて、聞いてみたい気もするけどいきなりその話を切りだすのもなかなか機会がないし、きっと父も恥ずかしがってまともに答えてくれないだろうなぁ。

父がこの干支の年賀状をもう一度出すことができるのかな?と言いながら年賀状を書いているのを見ると、亡くなってからでは聞くことができないことがたくさんあることに気づきました。
昨今は、自らの生があるうちに縁のある人やお世話になった人を招いてお別れと礼を述べるために生前葬を行なう人や自身のための葬儀や墓などの準備や、残された者に迷惑がかからぬようエンディングノートを作成したり、自分史を作成される方も増えているようです。
自分を形成するバックボーンでもある両親や祖父母の話を改めて聞き、残し、自分のルーツを1冊の本にしませんか?

ご両親の結婚記念日のお祝いや、喜寿や米寿などの特別な日のお祝いにも喜ばれると思います。

インターンシップの学び

皆さんこんにちは、営業部の神谷です!

さて、今年もこの時期になりましたね。そう!インターンシップ研修です!
今年も3名の大学生の方が富士凸版印刷を選んできてくださいました!
私たちが入社してから、4回目のインターンシップなのですが、
今回は、私の外出が多かったため、
同期の平野くんと松浦さんが主になって、担当してくれました!
インターンシップ研修は、学生の方に実際の企業で実習することで、
「会社とは」「働くとは」を知って頂くことが目的なのですが、
参加企業側としては、若手社員の育成や会社に新鮮な風を取り入れる!
などの目的やメリットがあります。
ということで、私たち若手社員は毎回、インターンシップでの経験を通し、
伝える側として様々な学びを頂いています。
私は今回同期2人をサポートする立場でしたが、
同期だからこそ上手く言えない事ってたくさんあるんだなと、気づきました。
また、学生の方の「素直さ」を教えて頂き、最近は自分の想いが強く
なってしまい忘れかけていたなと、想い出すことができました。
そして、インターンシップ最終日のプレゼンで、学生さんが学んだこととして、

「富士凸版印刷の仕事はお客様のさらにお客様のことまで考え、お客様の想いをカタチにしている。そして、そこには作る自分たちの想いも込められている。生活のために働くのだと思っていたけど、誰かのためになるように仕事をすることが大切」

という事を上げてくれて、改めて自分の仕事について考える機会を頂きました。

****** ****** ******

ここからは、今回メイン担当になった二人からです!

制作部の松浦です。
9日間のインターンシップを経て、知識も経験もアウトプットを重ねて培われるということ、情報の発信時は受け手を意識するのが重要ということ、相手へ伝えたいという熱意が何より重要ということを、より一層実感しました。
インターンシップ生の皆様も自分達も、どのような目的を持ってインターンシップを過ごすか?
弊社からインターンシップ生、及び就活生の皆様へ伝えたいことは何か?
限られた時間内で、目的を達成して結果をつくる為にはどうすれば良いか?
等々、この9日間も、これからの仕事においても向き合う必要のある課題が沢山あります。
教える立場になり、就活生の方々と接することは、自らの仕事への姿勢を振り返る良い機会にもなりました。

****** ****** ******

制作部の平野です。
弊社では毎年この時期にインターンシップ生の受け入れを行っているのですが、今年も3名の学生さんが2週間の間来てくれました。
3人には、会社紹介のパンフレット作りを体験してもらいました。
来年のインターンシップ生に向けて、弊社を紹介してもらう内容のパンフレットです。
私たちもサポートしながら進めていきます。みんな一生懸命考えながらアイデアをどんどん進めていきます。

3人が次のインターン生に伝えたかったのは「安心感」。
聞けば、自分たちもここに来る前は未知のもの対するなんともいけない不安感があり、その不安をとりのぞけるようなものが作りたい。
というコンセプトのもと制作しました。
作り始めてみるとなかなか思うようにいかず、途中まで作ったところでまさかの作り直しも。
これについては自分がしっかりリードできていなかったこと。
会社のことを伝えられなかったことが原因であり自分の大きな反省点です。
そんな中でも3人は妥協せずに、しっかりと完成させました。
自分ちで作った会社案内のプレゼンは社内でも好評でした。

3人もインターンシップからいろんな学びや経験が得られたようで良かったです。

例年よりも自分が大きく関わった今回のインターンシップでした。
そのぶん、人に何かを伝える難しさと、大切さを学びました。
そういう意味でも3人はとても感謝しています。
ありがとうございました。

 

******* ******* ******

ということで、今年も無事にインターンシップが終わりました。
今年は私が過保護になり過ぎなかったかわりに、
会社全体でインターンシップに取り組めたなと、感じました。
本当に、良い機会を与えて頂き、携わってくださった皆様ありがとうございました!

 

島めぐりの旅に行ってきました

こんにちは、制作部の小嶋です。
夏も終わりに近づいてきましたが、まだまだ熱いですね。
先日私は、お盆休みを利用して、広島県の大久野島、香川県の豊島、女木島と、島巡りの一人旅に行ってきました。

大久野島は近年「うさぎの島」として話題になっていて、テレビなどでご覧になった方も多いかと思います。
自転車で1時間もあれば一周できる小さな島で、島中いたるところでかわいらしいうさぎに出会うことができます。
なんでも、とある外国人観光客がSNSに載せた動画が注目を集めたのが発端で、海外からの観光客も非常に多くなっています。

島内いろんなところでくつろいでいます

また、この島の名を知っている方は、この島のもう一つの側面についても知っているかと思います。
実はここには、かつて国の毒ガス製造工場がありました。もとより瀬戸内海防衛の拠点として軍事利用されていたようですが、第一次大戦が始まった頃から毒ガスの製造が始まり、島民は強制的に移住、地図からも消され、この島自体が機密とされました。
毒ガスの製造は防護服を着て行うのですが、当時の防護服は隙間も多く、また手作業での工程も多かったため、毒の被害に遭われる方も後を絶たなかったそうです。また、作業員は志願ではなかったそうです。
当時の施設の一部、毒ガス保管庫や砲台の跡、発電所などはいまでも残っていて、戦争の面影を今に伝えています。

この建物は毒ガス貯蔵庫だったそうです

アート作品「遠い記憶」


次に行ったのは豊島。小豆島の隣にあり、いたるところにアート作品が展示されている、「アートの島」です。これらの作品も非常に素晴らしかったのですが、この島の真骨頂はなんといってもその景色、景観にあります。特にすばらしかったのは海に続く下り坂と、その脇に広がる千枚田。その景色だけでも最高に贅沢なのに、その坂を自転車で(島での移動はレンタサイクルでした)風を切って転がり降りると、まるでジブリ映画の中にでもいるような、非日常的な爽快感を感じます!

他にも、漁師さんが捕った捕れたてのタコがごろりと入った贅沢なたこやき、いちご農家さん直営のいちごスイーツ屋さんなど、食べ物も最高においしい!
ぜひ皆様にも機会がありましたら一度行ってみてほしい島の一つです。

下り坂の先は海!

最後に行ったのは女木島(めぎしま)。この島は桃太郎の鬼が島のモデルになったとされている島で、かつて鬼が棲んだとされる洞窟があります。滞在時間が船の都合上45分程度しかなかったので、残念ながら洞窟には行くことはできませんでしたが、石垣が印象的でした。
この島は大きな石や瓦をがしがしと積んだような石垣が特徴的で、特に海辺のほうではかなり高く積まれ、要塞のようにも見えます。
防風のためのようですが、すぐ近くのはずの小豆島や豊島の家との違いがとても興味深かったです。

左から、豊島、女木島、女木島(海岸沿い)の石垣

また豊島では、島出身の方(帰省中だそうです)とお話しすることができました。島の人々に暮らしには密かに憧れを抱いておりましたので非常にいい機会でしたが、お話を聞いて、島の厳しい現実も思い知らされました。かつて島に20人いた同級生の中で島に残っているのは1人だけだということ、漁に出ても以前のように魚がとれない上、燃料コストが高く赤字になるのも珍しくないこと、自分も島は好きだがやはり仕事がないのでここでは暮らせないということ、など。確かに島を見て回っている時、どこの島も空き家がとても多いのが気になりました。美しい千枚田も、観光資源として「再生」させたものだそうです。
正直な所、普段名古屋で生活していると、過疎や人口集中、人口減少も高齢化も、それらを実感するようなことは少なく、ニュースで言われているような問題は実は何も起こっていないのではないかという錯覚に陥ってしまいがちです。しかし、世の中は確実に変化を続けていて、このような美しい景観や人々の暮らしもいつか失われてしまうものなのかも知れません。そんな実感すら持てずに生きていてはいけないなと、時々は外に出て世の中を自分の目で見る機会をつくらないといけないなと、改めて思った今回の旅でした。

豊島の千枚田

第54期指針発表会を行いました

こんにちは、営業部の神谷です。
7月29日に第54期指針発表会を行いました。

今期はまた新しい社員も増え、
より皆様のお役にたてるよう、社員一同気を引き締めて参りますので、
よろしくお願い致します。

さて、指針会と言いますと、
会社の方針の後に社員が各々の
今期の目標と行動計画を発表するのですが、
やはり他の人たちの決意表明を聞くと、
自分も今年一年計画のように行動し、目標を達成して成果が出せるように、
必死にならないといけないなと、気持ちを新たにすることができます!
この社員全員分の目標と計画の掲載された、
富士凸版印刷の指針手帳ももうすぐ完成なので、
その手帳も駆使して、皆でサポートしあい、
来年へ向けて足並みをそろえ、今期も走って行こうと思います。
            

            

さて、そんな指針会の後は、「美よし」さんで懇親会でした!
産休中の社員からコメントを貰ったり、
社長賞・専務賞の発表があったり、
カラオケ大会があったりと、
美味しい料理と余興ですごく楽しい会になりました!

そして、最後の締めで、なんと!
同期の平野くんが、富士凸版印刷の前期一年間を、
このブログを通して振り返った動画を社長専務と作ってくれており、
とても感動してしまいました!!

4年目の同期の成長や絆も感じることができ、
本当に素敵な会になりました。

最後になりましたが、
皆様今期も、どうぞよろしくお願い致します。

徳目朝礼で気づく、大切なこと

こんにちは、営業部の神谷です。
大雨が降ったかと思えば、太陽がサンサンと出てきて、
温度管理が難しいですね…!

さて、富士凸版印刷では毎朝徳目朝礼を行っています。

今月の月間テーマは
「お客様に喜ばれる仕事をしよう!」
そして、今週の質問が、
「あなたの会社のお客様は あなたの会社に何を求めていると思いますか?」
毎日、この質問に対して自分なりに考えるのですが、
今日思ったことは、やはり、
「ひとつひとつの作業に思いやりをもって仕事をする」
つまり、「細かくしっかり確認する!」ということでした。

最近はパソコンも普及し、自分でつくったwordやexcelのデータを、
簡単に印刷することができますが、
そんななかで、印刷会社の営業としてお客様と直接やりとりをさせて頂いているのですから、
お客様の目の届きにくいところまで、「印刷のプロ」の目線で、
細かくしっかり確認させて頂くことが大切だなと、日々のお仕事の中で実感します。

というのも、昨年、自分が入社した年からずっと担当させて頂いてる案件の、
初校確認の工程で、ミスをしてしまいお客様からお叱りの言葉を頂いてしまいました。
3年目で、慣れてうっかりしてしまったな…、と反省するとともに、
今年は絶対にないようにと、いつも以上に力を入れて確認を行っていると、
excelデータ変換ならではの不具合など、気づきづらい誤りを発見することがあり、
初校提出の段階で、修正を反映したものを確認して頂くことができました。

「あたりまえ」のことではありますが、
ネット上だけのやりとりではなく、「私」という存在が間に入ることで、
印刷物作成の過程からお客様に少しでも「安心・信頼」して頂ける。
そんな心がけを持ち、これからもお仕事させて頂きたいなと思いました。

富士凸版印刷では、デザインの作成からはもちろん、
excelやwordで頂いた原稿の変換成形・印刷・製本まで承っております!
今回の案件は、住所録の作成で、A6サイズの小さい手帳型へ製本させて頂きました。
社内の情報共有のための資料も、手帳にしておくと利便性が高くなり、より徹底しやすくなるため、
資料はあるけど、持ち歩きにくいんだよな…。
などお悩みの方は是非お声掛け下さい!

取材現場のご紹介

みなさんこんにちは。制作部の平野です。

ビルメンテナンスを主に請け負っておられるお客様の、社外報に掲載する清掃作業の取材に同行させていただきました。
こちらが今回の現場です。
名古屋にお住まいの方ならご覧になったこともあるという方もいらっしゃるかもしれません。

この趣ある外観の建物は東山給水塔と言い、災害時用の応急給水施設として利用されています。建てられたのは昭和5年、この塔は厚生省(現厚生労働省)の「近代水道百選」名古屋市都市景観重要建築物にも選ばれています。

今回は清掃ということで、本来なら年3回の開放日にしか入れない塔の中にも入ることが出来ました。

どうですかこの景色。周りに高い建物が少ないこともあり、眺めが素晴らしく、

名古屋の景色を一望できます。写真の右奥にはナゴヤドームもみえます。

塔の周りは緑が豊富で、気持ちがよかったです。


清掃作業もさすがの手際の良さで窓がきれいになり、外の景色もよりきれいに見えるようになりました。

私も名古屋に住んでしばらくになりますが、こんなところがあったなんて驚きです。

現在は隣接する地域の工事中で、立入禁止ですが、一般公開は年3回行われるのでお近くの方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

お客様の取材に同行させてもらうことで、お客さまのお仕事を実際に見ることができ、安全に配慮しつつ、素早くきれいにしていく姿に感動しました。また、今回のような、初めて知る場所のきっかけにもなりました。今後もいろいろなところへ取材へ行かせていただけるよう頑張っていきます。

 

 

軽井沢・八ヶ岳の自然あふれる美味しい旅 社員旅行に行きました!

こんにちは、営業部の神谷です。
先週の土曜日、日曜日で軽井沢と八ヶ岳へ社員旅行へ行きました。

今回の社員旅行ですが、旅先を若手3人がプレゼンし、
多数決によって決定しました。
平野案「北海道ラーメン巡りの旅」とは接戦でした。
かくして、私の熱いプレゼンで決定した
「軽井沢・八ヶ岳の自然あふれる美味しい旅」について、
今回は写真と共にレポートしていきたいと思います~

1日目
参加人数16名にもかかわらず、40名乗れる大型バスで
軽井沢まで向かいました。
軽井沢での散策もほどほどに、大本命である
「アンシエントホテル 浅間軽井沢」さんへチェックイン
今まで写真で見たことはあっても、なかなか来ることができなかった社員一同
素敵なお部屋に、美味しいお料理!
感動的なおもてなしに、皆大満足でした。

軽井沢散策↓

アンシエントホテルさんにて↓

そして2日目
朝食を食べ終わると、長野県から山梨県へ~
八ヶ岳アウトレットで各自昼食をとり、
サントリー白州ウイスキー工場へ行きました。
蒸留所や貯蔵庫など、入った瞬間から、ウイスキーの強い香りにもまれ、
試飲では、白州を作り出す上でブレンドする前の原酒なども味見でき、
とても楽しく学べました。
また、博物館ではサントリーウイスキーの歴史ある広告の数々を見ることができ、
それもまた、印刷をお仕事としている人間として、とても勉強になりました。
白州でつくったハイボールが、美味しいのなんのって・・・!!

もっと細かいレポートは、社外報で発信できればと思います!
なので、今回はたくさんの写真で、楽しい様子をお伝えしますね。

2年ぶりの社員旅行でしたが、前回とはまた違った顔ぶれで、
たくさんの美味しいものと、学びに触れることのできた2日間でした。
私は基本的に家から出ないタイプなので、
こういう機会に「やっぱり世界を広げないとな」と再確認しました。
次の機会があれば、今回行けなかったメンバーも一緒に行ければなと思います。

ありがとうございました!!

挑戦の35歳

こんにちは。制作部の小嶋です。5月29日は私の誕生日でした。
私も早いもので、今年で35歳、社歴はもうすぐ11年になります。
いよいよ30代も後半に突入といったところで、
これからますますスパートをかけていきたい所です。
ありがたい話ですが、最近では会社の内外で様々な業種の同年代であったり、
上の年代の方々とお話させていただく機会も増え、その方々から刺激を頂くとともに、
自分ももっとがんばらないといけないと思うことも多々あります。
なので、自分にとっての35歳は、挑戦、進歩する一年にしたいですね。

因みに写真は私と私の両親です。
今日偶然にもこちらの方に来たとのことでついでに立ち寄ってくれた所、
そのタイミングで会社の皆からもお祝いを頂き、
記念撮影まで。正直恥ずかしくはありましたが、
考えてみるとこの歳になってこのような写真もなかなか撮らないので、
非常に貴重な一枚となりました。皆様ありがとうございます。

さて、今日はもう一人、経理の松村も誕生日でした。
松村からもコメントをいただいております。
「これまで大病することなく元気に暮らせてきたことを大変幸せに思います。わたしのできることはほんのわずかですが、これからもよろしくおねがいします。」

松村さん、おめでとうございました!

取材風景をお届けします

皆さんこんにちは、営業部の神谷です。

富士凸版印刷では、社外報・社内報制作にあたり、
取材から制作・印刷まで一括で行わせて頂いてます!
「お客様に定期的に自社商品のPRをしたい」
「社内での取り組みを知ってもらいたい」
「社員のモチベーションを上げたい」
「社内で現場の力を共有したい」
「会社の方針を社員全員に分かりやすく伝えたい」
「社員全員に伝えたいことがうまく伝えられない」
と社長様からご相談頂くことがあり、
社外報や社内報の制作のため取材へ伺う機会が増えているため、
今回は『取材』の様子をブログで発信させて頂きます!!

社外報制作にあたり、まずはオリエンテーションを行い、
お客様のビジョンや年度方針をもとに紙面校正を組み立てていきます。
そして、弊社にて掲載する内容を年間通した企画案を提出させて頂きます。
次に、企画案をもとに掲載内容を決定し、必要に応じて、撮影・取材を行っていきます。

ページ展開を考え、必要なショットをお伝え致します。取材を行いながらの撮影で、自然な表情を引き出します

部署ごとの取材など、お仕事のご都合にあわせ、お客様のご負担にならないよう一日で済むスケジュール立てを行います。


事前打ち合わせを行った上で、プロの取材班がお伺いいたしますので、安心しておまかせください!

取材を終えると、資料をもとに原稿や紙面を作成していきます。
お客様の社風にあわせたデザインのご提案をさせていただきます!
その後、何度か校正を行い校了したら印刷製本を行い、完成です。

社外報・社内報、と聞くと企画出しや原稿出しなど
大変なイメージをもたれる方も多いと思いますが、
富士凸版印刷では、企画のご提案からすべて一括で行わせて頂くので、
スムーズに制作を進めることができます!

また、ちょっとした取材でも、自分の取り組んでいる事などを伝える場があると、
社員の方にとって、日常の小さなエッセンスになり、
振り返りや、更なる目標を見つける良い機会にして頂けるのではないかなと思います。

そういう富士凸版印刷の社外報vol.5はといいますと、
現在絶賛制作中です!
社外報担当の私自身も自社の社外報制作からは、
さまざまな刺激を受けています。
皆様ぜひ楽しみにしていてください~~(*^_^*)

自社の強みを見つける勉強会

こんにちは、営業部の神谷です。
梅雨も前に夏本番の暑さですね。

富士凸版印刷では、2月から外部講師を招いて、
ニッチ戦略の勉強会を全社員で行っています。
自社の業界においての市場の隙間をみつけ、
他の企業にはない優位なシェアを得ていくため、
まずは自社での強みを社員でディスカッションしたり、
理想とする未来の会社の姿を考えたりしています。

勉強会を始めてから、承認の場を作ることを目的とし、
月曜日の朝礼でも、「先週仕事の中であった良かったこと」
を発表するようになったのですが、
そのことにより、制作部や製造部内でのとりくみや、成果を、
共有することができるので、週の始まりに刺激を受けることができ、
次の改善などに繋げていく機会になっています。

また、勉強会を通して知識を得ることで、
自分をとりまく様々な商品や媒体に関しても、
新たな視点から見て、考えられるようになったなと、個人的に感じます。

まだまだ勉強中ですが、自社でのおとしこみをしていくと同時に、
お客様のビジョン達成に、お役立ちできるよう、
今後も社員全員で学びを深めていきたいです。