ソリューションのご提案

印刷品質へのとりくみ

工場をショールーム化

クリーンルームで感動する印刷物を仕上げます。

工場環境

クリーンな環境でこそ、より良い高品質印刷物を生産し続ける事が出来ると考えます。
お客様が感動する製品を生み出す為にも社員が気持ち良く働ける職場作りに努めています。

室内温度、湿度管理

空調設備・加湿器などにより、温度・湿度を一定に保ち管理をしています。
(温度25℃±3、湿度55%±5)
さらに、印刷用紙の保管も印刷するタイミングに合わせ、1日前には印刷機と同じ環境下に置きます。

愛知県第1号機 ハイブリッドUV印刷機

ハイブリッドUV印刷機とは高感度タイプのUVインキとオゾンレスUVランプで即、乾燥させる新システムを搭載した印刷機です。

超高品質できれいな仕上がり

即、乾燥するのでドライダウン(インキが乾して、印刷直後よりも色が沈む事)がなく、印刷時トラブルの原因になるパウダーを使用しない為、高品質できれいな仕上がりが実現できます。
油性印刷では難しい全面ベタ印刷もなんなくこなします。

超短納期にも対応

印刷後の乾燥待ち時間ない為、即加工にまわす事ができる事により、大幅な時間短縮がはかれます。
断裁・折り加工の場合午前中のデータ入稿で夕方には納品可能です。

従来の油性印刷では乾きにくい紙・素材にも印刷可能

油性印刷では乾きづらいファンシー系の紙や、選挙ポスターなどでよく使われるユポ紙、クリアーファイルなどのPET素材、またアルミ蒸着紙にも印刷が可能です。

印刷品質へのとりくみ

カラーマネージメントシステム
カラーマネージメントシステム(CMS)とはモニタからプリンタ・印刷機を統一したプロファイルで管理し、デザインカンプのイメージと印刷物の色を忠実に再現できるようにするための社内一貫システムです

社内色基準の設定

お客様の印刷物から、色基準を設定しそこから色濃度を算出し社内色基準を決定しています。それらをもとにプリプレスからプレスまで統一した色の徹底管理を行っています。

濃度管理

社内基準濃度を常に保つ為に印刷物にカラーパッチをつけ印刷時にPDCⅡ(濃度測定器)で測定し一定した品質で印刷できるように管理しています。

プリプレスとの連携

RIPからCTPに送られた色の数値データをインキツボキーのプリセットデータに変換し印刷機オペーレションスタンドのKHS-AIに自動的に送られる為、忠実な色再現が可能になります。
このKHS-AIは刷り出し時のインキの状態をネットワークで送られてきたプリセットデータをもとに自動で制御する為、印刷の立ち上がりを早め、準備時間の短縮と大幅な資源の節約を実現します。

数値管理

印品質安定に欠かせない、濃度・ドットゲイン・色彩を安定させる為に、KHS-AI、PDC-Ⅱにより徹底した数値管理を行ない安定性のある印刷物を生産します。
さらに、それらをまとめるPQC(リモートコントロール)は専用タッチパネルを準備し従来では時間の掛かった作業もスムーズに行なえ作業の効率アップにも繋がっています。

極オペーレター

私たち印刷現場のメンバーは、これらのハイテク機能と長年培ってきた色に対するノウハウと眼で最終調整し感動ある印刷物を作り上げ、また新しい技術にも常に挑戦しつづける集団です。

電話でのお問い合わせはこちらから
メールでのお問い合わせはこちらから:返信についてお時間をいただく場合がございます。

ページの先頭へ戻る